ペチコート

スカートを綺麗に着こなす!透け防止の為に覚えておきたいポイント!

オシャレなスカートの中には、裏地が付いていないスカートもありますよね。その場合、必ずペチコートは必要です。ここでは、スカートの透け防止の為に覚えておきたいポイントをお伝えします。是非、スカートを着用する際に役立てて下さいね。

そもそもペチコートって何?

ペチコートはスカートの裏地代わり

ペチコート

女性の皆さんは、男性にはない下着がたくさんある事をご存知ですよね。女性は、ブラ、ガードル、ファンデーション、スリップ、ベビードールなど、色々なインナーがあります。同じインナーでも形は様々で、シーンごとに使い分けて持っている人も多いものです。
その中で、インナーとしてペチコートがどんな役割を果たすかと言うと、スカートの裏地の役割をします。裏地のないスカートを履く際、スカート一枚のままでは下着や足が透けて線が見えてしまう事があります。そんな時、インナーにペチコートを履く事で、ペチコートはスカートの中が透けて見えるのを防止する役割があります。

現代のペチコート

ペチコート

アンダースカートとしてのペチコートは、スカート生地の滑りを良くするためにスカートの下に着用するもので、普通はスカートの裾丈よりも約5~10cm程短くなっています。スカートと合わせてスカートの裾からペチコートが出る場合、もう少し短い丈のペチコートが望ましいでしょう。しかし、中には、ペチコートの裾が外から見えるようになっている、レースなどをわざと見せるタイプのものもあります。アンダースカートとしてのペチコートは、裾丈によって3種類に分類されており、ロングペチコートは裾丈70cm程度、ミディペチコートは裾丈55cm程度、ミニペチコートは裾丈40cm程度が一般的な目安です。

ペチコートサラサラすべすべ 豊富なラインナップのペチコート

スカートが裏地無しだと何故困る?

見た目に関して

  • 表地から透けて見えるのを防止する
  • 表地の形状を安定させ型崩れを防止する
  • 生地の保護をする役割
  • 表地の滑りを快適にしてシルエットを良く見せる

着用機能面に関して

  • 表地を滑りやすくしスムーズな着脱を可能にする
  • 汗による変色や汚れなど表地への影響を避ける
  • 静電気を防止する
ペチコート

このように、スカートの裏地には、このように様々な役目があります。なので、スカートの裏地がある事で、ただ単にスカートが透ける事を防ぐだけでないのです。着心地を良くしたり、静電気で脚にまとわり付くのを防止したり、スカート全体のシルエットを綺麗に見せる事ができるのです。


ペチコート

スカートが透ける原因は?

薄い素材

ペチコート

スカートが透ける原因の一つ目は、スカート自体の素材が薄い事です。例えば、生地が薄いリネンスカートやシフォンスカートは、透けやすい素材に挙げられます。また、光が生地を通過する事で、着用している下着が写し出されてしまう事も、スカートが透ける原因です。その為、直射日光の下ではより透けやすい事を覚えておきましょう。

裏地やペチコートが付いていない

スカートが透ける原因の二つ目は、裏地やペチコートが付いていない事です。スカートに光が通る事で、下着が透けて写し出されます。それを防止するのが裏地やペチコートで、下着の透け予防、快適なスカートの着用、スカートの汚れの防止になります。

肌色と大きく異なる下着の色

ペチコート

スカートが透ける原因の三つ目は、肌の色と大きく異なる下着カラーを着用している事が挙げられます。透けやすいスカートを履く場合には、下着に気を付ける事で予防する事ができる場合があります。主に、ベージュ、グレーなどは、透けにくい下着カラーと言えます。また、自分の肌色よりワントーン暗い色の下着を選ぶ事もポイントの一つです。

スカートの裏地に使われている主な素材とは?

ペチコートの素材別の特徴

ポリエステル

ポリエステルは、サラリとしていて柔らかい肌触りです。比較的安価なので、スカートの裏地としてよく使われています。丈夫で軽さもありますが、やや透けやすい事もあります。

シルク

シルクは、さらっとした肌触りなので、着心地抜群です。裏地として最高級と言われており、上品な高級婦人服にも使用されています。

キュプラ

キュプラは、吸湿性・通気性に優れており、静電気防止も起こりにくくなっています。なので、衣服の裏地として広範囲で使用されています。

レーヨン

レーヨンは、吸湿性に優れており、また、滑りも良く静電気も起こりにくくなっています。ややシワになりやすい事もあります。

このように、スカートの裏地には主にこれらの素材が使われています。裏地無しのスカートの透け防止、静電気防止対策をする上でも、スカートの裏地素材は関わってきるので、特徴について覚えておきましょうね。

絶対に透けない、正しいペチコートの色の選び方とは?

ベージュ系
ペチコート

スカートのインナーペチコートで、ベージュ系は最も一般的に多く着用されています。肌に近い色で透けにくい点や、様々なカラーのボトムスとも相性が良くなっています。なので、明るめから濃い色のボトムであっても、安心して着用が可能です。ベージュが地味に感じるようであれば、レースやリボン付きなどデザイン性のあるペチコートをチェックしてみるのも一つです。

ホワイト・オフホワイト
ペチコート

ホワイト・オフホワイトは、オシャレなペチコートが多い事が挙げられます。白系ペチコートと相性が良いボトムカラーは濃い色です。なので、白や淡いカラーのボトムを着用する際には、ペチコートが透けるので、濃い色のボトムス着用にお勧めです。

ブラック
ペチコート

ペチコートと言えば、ブラックは人気カラーです。ブラックやネイビーなど、濃い色のボトムの着用の際にお勧めです。白や淡い色のボトムなどと合わせると、インナーのペチコートのブラックが透ける可能性があるので、その際にはベージュ系ペチコートがお勧めです。

デザイン・素材にこだわる場合

レース・フリル
ペチコート

ペチコートにも、レースやフリルが付いている可愛らしいタイプもあります。なので、コーディネートを可愛く仕上げたい方にはお勧めです。主に、ボリューム感のあるデザインが多く、シルエットをふんわりさせる事もできます。タイトデザインのボトムには、膨らみが出てしまうので避けましょう。

綿
ペチコート

綿素材は、優れた吸汗性や低刺激な素材です。なので、汗をかきやすい方や肌が敏感な方にお勧めです。また、綿素材は特に静電気を帯電しにくい特性があり、大気が乾燥しやすい秋冬シーズンに活躍します。少し厚みが出やすいので、薄いボトムスより厚手でタイト過ぎないボトムスにお勧めです。

透けない色を選ぶポイント

肌色に近い色は定番カラー

透けない色は、ずばり肌色に近い色です。ベージュやモカベージュ、クリーム系の色であれば、問題ないと思いますこういったカラーをチョイスすれば、下着の色が透けやすい白いスカートやパンツでも、下着の色が分かりません。

黒や白のペチコートはオシャレ
ペチコート

先ほど紹介したペチコートにもあるように、ペチコートの定番カラーは、ホワイト、ブラック、そして、ベージュです。その中でも、ブラックやホワイトは人気の高い色です。その理由として、まず、オシャレというのがあると思います。女性は、見えない部分のオシャレにも気を遣うものです。可愛い下着を選ぶのもそうですが、インナーウェアのペチコートも同じで、黒や白の方が、ベージュよりオシャレと感じる人が多いです。

まとめ

透ける対策や防止策をしっかりしておくと、スカートが透ける心配も減少します。スカートの透け対策として、丈、カラー、デザインなども豊富なラインナップがあります。周りの人からスカートやパンツの透けを指摘される前に、自分でしっかり透け防止策を行い、レディースファッションを楽しみましょうね。

ペチコートスカートからチラ見せもかわいい ペチコート